こんにちは、カギのツルヤです。

薩摩川内市に店舗があり、鍵交換を全般に主に北薩地域全域(薩摩川内市、いちき串木野市、阿久根市、さつま町、日置市)を中心に活動し、出張サービスなどのも行っています。

 

カードキーは、鍵穴に差し込むタイプの接触型と、鍵穴にかざすだけで開くタイプの非接触型があります。どちらも防犯性が高く、紛失した場合も再発行や登録の変更で対応できるため、便利です。

 

しかし、カードキーの交換費用は一般的な物理鍵と比べて高額になることが多いです。この記事では、カードキーの交換費用の相場や、交換する際の注意点やポイントを3章に分けてご紹介します。

カードキーの交換費用の相場

カードキーの交換費用は、以下のような要素によって変わります。

 

・カードキーの種類(接触型か非接触型か)

・錠前のメーカーやモデル

・錠前の取り付け方法や状態

・カードキーの枚数や登録作業

・鍵屋や業者の料金体系

 

一般的な相場としては、以下のようになります。

・接触型カードキー:10,000円~15,000円

・非接触型カードキー:500円~3,000円

 

ただし、これはカードキー単体の価格であり、錠前本体や取り付け費用は含まれていません。錠前本体や取り付け費用を含めると、鍵穴1箇所あたり5万円~10万円が目安になります。

 

また、賃貸物件やテナントなどでは管理会社やオーナーに連絡して手続きをする必要があります。その場合は管理会社やオーナーが定めた手数料や規約に従わなければなりません。

接触型カードキーの交換費用

接触型カードキーは、鍵穴に差し込んで開閉するタイプのカードキーです。一般的にはICカードと呼ばれるもので、電子マネーやクレジットカードなどにも使われています。

接触型カードキーは、非接触型カードキーと比べて耐久性が低く、摩耗や汚れで故障しやすいです。そのため、交換費用も高くなります。接触型カードキーの交換費用は、以下のようになります。

 

・カードキー単体:10,000円~15,000円

・錠前本体:30,000円~50,000円

・取り付け費用:10,000円~20,000円

 

合計すると、鍵穴1箇所あたり5万円~8.5万円が目安になります。ただし、これはあくまで一般的な相場であり、メーカーやモデルによって異なります。

また、賃貸物件やテナントでは管理会社やオーナーと相談して決める必要があります。

非接触型カードキーの交換費用

非接触型カードキーは、鍵穴にかざすだけで開閉するタイプのカードキーです。一般的にはRFIDカードと呼ばれるもので、交通系ICカードや社員証などにも使われています。

非接触型カードキーは、接触型カードキーと比べて耐久性が高く、摩耗や汚れに強いです。そのため、交換費用も安くなります。非接触型カードキーの交換費用は、以下のようになります。

 

・カードキー単体:500円~3,000円

・錠前本体:20,000円~40,000円

・取り付け費用:10,000円~20,000円

 

合計すると、鍵穴1箇所あたり3.5万円~6.3万円が目安になります。ただし、これはあくまで一般的な相場であり、メーカーやモデルによって異なります。また、賃貸物件やテナントでは管理会社やオーナーと相談して決める必要があります。

カードキーを交換する際の注意点

カードキーを交換する際には、以下のような注意点があります。

 

・カードキーを紛失した場合は、すぐにシステムから削除して悪用を防ぐ

・カードキーを追加発行する場合は、メーカーや管理会社に連絡して手続きをする

・カードキーを複製することは基本的に不可能である

・カードキーを登録する場合は、錠前のボタン操作で自分で行うか、業者に依頼する

・カードキーを後付けする場合は、ドアや錠前のタイプに合わせて選ぶ

 

カードキーは物理鍵と違って電子的な仕組みで動作するため、操作方法や対応方法が異なります。カードキーを使うメリットを享受するためにも、正しい知識と方法で交換しましょう。

カードキーを紛失した場合の対応

カードキーを紛失した場合は、すぐにシステムから削除して悪用を防ぐ必要があります。

物理鍵と違って鍵穴がないため、紛失したことに気づきにくいです。

 

しかし、紛失したカードキーが悪意のある人に拾われたり盗まれたりした場合、自分の家やオフィスに侵入される危険性があります。そのため、紛失したことに気づいたらすぐに以下のような対応をしましょう。

 

・錠前のボタン操作で紛失したカードキーを削除する

・メーカーや管理会社に連絡して紛失したカードキーを無効化する

・新しいカードキーを発行して登録する

 

これらの対応は自分で行うこともできますが、操作方法がわからない場合や手間がかかる場合は業者に依頼することもできます。業者に依頼する場合は料金が発生しますが、安心してカードキーを使えるようになります。

カードキーを追加発行する場合の手続き

カードキーを登録する方法は、錠前のボタン操作で自分で行うか、業者に依頼するかの2通りがあります。

 

カードキーを登録するということは、カードキーと錠前を紐づけるということです。カードキーと錠前が紐づいていないと、カードキーをかざしても開閉できません。

カードキーを登録する方法は、以下のようになります。

 

・錠前のボタン操作で自分で登録する:錠前にあるボタンやスイッチを押して登録モードに入り、カードキーをかざして登録する。メーカーやモデルによって操作方法が異なるので、取扱説明書やウェブサイトなどで確認する。

 

・業者に依頼して登録する:業者に連絡して来てもらい、専用の機器やソフトウェアでカードキーを登録してもらう。料金が発生するが、複数のカードキーを一括で登録したり、登録内容を管理したりできる。

 

どちらの方法でも、登録したカードキーの枚数やIDなどを記録しておくことが大切です。これは、紛失や故障などのトラブルに備えて、削除や無効化などの対応がしやすくなるためです。

カードキーを交換する際のポイント

カードキーを交換する際には、以下のようなポイントがあります。

 

・複数の業者やメーカーから見積もりを取って比較する

・賃貸物件やテナントでは管理会社やオーナーと相談して決める

・防犯性能や利便性だけでなく、デザインや操作性も考慮する

・カードキーの管理方法や登録方法を確認しておく

・カードキーの保証期間やアフターサービスを確認しておく

 

カードキーの交換は一度の出費で済むものではありません。長期的に使うものなので、納得のいく価格と品質で交換しましょう。また、カードキーのトラブルや故障に備えて、保証期間やアフターサービスを確認しておくことも大切です。

複数の業者やメーカーから見積もりを取って比較する

カードキーの交換費用は、業者やメーカーによって大きく異なります。同じ種類やモデルのカードキーでも、料金体系やサービス内容が違う場合があります。

 

そのため、カードキーを交換する際には、複数の業者やメーカーから見積もりを取って比較することがおすすめです。見積もりを取って比較することで、以下のようなメリットがあります。

 

・価格や品質の相場を把握できる

・自分の予算やニーズに合った業者やメーカーを選べる

・交渉や値引きの余地ができる

 

見積もりを取る方法は、以下のようになります。

・ウェブサイトや電話で直接連絡する

・ウェブサイトやアプリで一括見積もりを依頼する

・口コミやランキングなどで評判の良い業者やメーカーを探す

 

見積もりを取る際には、以下のような情報を伝えるとスムーズです。

・カードキーの種類やモデル

・錠前のタイプや状態

・カードキーの枚数や登録作業

交換したい時期や場所

 

見積もりを取ったら、価格だけでなく品質やサービス内容も比較しましょう。安いだけではなく、信頼できる業者やメーカーを選ぶことが大切です。

賃貸物件やテナントでは管理会社やオーナーと相談して決める

賃貸物件やテナントでは、カードキーの交換は自分で自由に行えるわけではありません。

 

管理会社やオーナーとの契約や規約によっては、以下のような制限がある場合があります。

・カードキーの交換は管理会社やオーナーに一任されている

・カードキーの交換は指定された業者やメーカーに依頼しなければならない

・カードキーの交換は事前に許可を得なければならない

・カードキーの交換は手数料や保証金が発生する

 

そのため、賃貸物件やテナントでは、カードキーの交換をする前に必ず管理会社やオーナーと相談して決めることが必要です。

管理会社やオーナーと相談することで、以下のようなメリットがあります。

・契約違反やトラブルを防げる

交換費用を節約できる

交換作業をスムーズに行える

 

管理会社やオーナーと相談する際には、以下のような情報を伝えると良いでしょう。

・カードキーの交換の理由や目的

・カードキーの交換の希望時期や場所

・カードキーの交換の希望業者やメーカー

・カードキーの交換の費用負担や分担

これらの情報を伝えることで、管理会社やオーナーと円滑に話し合うことができます。

 

また、管理会社やオーナーから以下のような情報を確認することも忘れないでください。

・カードキーの交換に関する契約や規約

・カードキーの交換に関する手数料や保証金

・カードキーの交換に関する許可や承認

これらの情報を確認することで、契約違反やトラブルを防ぐことができます。

防犯性能や利便性だけでなく、デザインや操作性も考慮する

カードキーを交換する際には、防犯性能や利便性だけでなく、デザインや操作性も考慮することがおすすめです。

カードキーは長期的に使うものなので、見た目や使い心地も重要です。デザインや操作性を考慮することで、以下のようなメリットがあります。

・自分の好みやイメージに合ったカードキーを選べる

・ドアや建物との調和がとれたカードキーを選べる

・簡単かつ快適にカードキーを使える

 

デザインや操作性を考慮する際には、以下のような点に注意しましょう。

・カードキーの形や色や素材

・錠前の形や色や素材

・カードキーの読み取り速度や反応距離

・錠前の開閉音や表示灯

これらの点は、メーカーやモデルによって異なります。自分に合ったデザインや操作性を求める場合は、実際に見て触って試してみることが大切です。

カードキーの管理方法や登録方法を確認しておく

カードキーを交換したら、カードキーの管理方法や登録方法を確認しておくことが必要です。カードキーは物理鍵と違って電子的な仕組みで動作するため、管理方法や登録方法が異なります。

 

カードキーの管理方法や登録方法を確認しておくことで、以下のようなメリットがあります。

・カードキーの紛失や故障に対応できる

・カードキーの追加発行や登録ができる

・カードキーの削除や無効化ができる

 

カードキーの管理方法や登録方法を確認する方法は、以下のようになります。

・取扱説明書やウェブサイトなどで確認する

・業者に質問したり教えてもらったりする

・実際に操作してみたり練習したりする

これらの方法で、カードキーの管理方法や登録方法を覚えておくことが大切です。

カードキーの保証期間やアフターサービスを確認しておく

カードキーを交換したら、カードキーの保証期間やアフターサービスを確認しておくことが必要です。カードキーは物理鍵と違って電子的な仕組みで動作するため、故障やトラブルが起きる可能性があります。カードキーの保証期間やアフターサービスを確認しておくことで、以下のようなメリットがあります。

・故障やトラブルに対応してもらえる

・修理や交換の費用を節約できる

・安心してカードキーを使える

 

カードキーの保証期間やアフターサービスを確認する方法は、以下のようになります。

・取扱説明書やウェブサイトなどで確認する

・業者に質問したり教えてもらったりする

・保証書や領収書などを大切に保管する

これらの方法で、カードキーの保証期間やアフターサービスを把握しておくことが大切です。

まとめ

カードキーは防犯性が高く便利な鍵ですが、交換費用は物理鍵よりも高額になることが多いです。

カードキーの種類や錠前のメーカーやモデル、取り付け方法や状態、カードキーの枚数や登録作業などによって費用は変わります。

 

一般的な相場としては、カードキー単体で接触型は10,000円~15,000円、非接触型は500円~3,000円です。錠前本体や取り付け費用を含めると、鍵穴1箇所あたり5万円~10万円が目安になります。

 

カードキーを交換する際には、紛失した場合の対応や追加発行や登録の方法、後付けの可否などに注意しましょう。

また、複数の業者やメーカーから見積もりを取って比較したり、管理会社やオーナーと相談したり、デザインや操作性も考慮したりすることがポイントです。カードキーは長期的に使うものなので、納得のいく価格と品質で交換しましょう。

 

カードキーの交換費用についてご紹介しましたが、いかがでしたか?カードキーは便利な鍵ですが、交換する際には様々な要素を考慮する必要があります。自分に合ったカードキーを選ぶためにも、専門的な知識や経験を持った鍵屋に相談することをおすすめします。

 

当「カギのツルヤ」に相談していただければ、カードキーの種類やメーカーやモデルを提案したり、見積もりや取り付け作業を行ってことも可能です。

また、カードキーのトラブルや故障に対応してくれるアフターサービスも充実しています。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください
0996-22-4118 0996-22-4118
8:00~19:00
New Page

< 1 ... 3 4 5 67 >
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事